【〜村山院長のペットコラム〜】

ペットに関する様々な疑問に質問形式で解説していくコーナーです。(不定期更新です。)

第3回 Q&A(2018/09/06)

Q.ダニがついて困っています。ダニについて教えてください。

A.マダニは草むらなどにいて、犬の散歩中草むらを通過するときに付着することが多いようです。マダニは動物の体温や振動、二酸化炭素を感知して寄生します。動物に寄生し、3〜7日間ほど吸血した後、動物から離れ地上に落ちます。犬はマダニが多数寄生すると貧血を起こすことがあります。またマダニは吸血するときに犬の体内に唾液を注入し、これによってアレルギーを起こすこともあります。それから、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)、バベジア症、ライム病、Q熱などの病気も媒介します。現在、ダニの駆除には滴下タイプ(効果1ヶ月持続)及びチュアブルタイプ(効果3ヶ月持続)の薬がありますので、これらの薬を使用すると便利です。(動物病院で購入できます。)

第2回 Q&A (2018/08/30)

Q.なぜ子犬や子猫にワクチンを接種するのですか?

A.ワクチンは伝染病から身体を守るのに必要免疫力(抵抗力)をつけるために接種されます。子犬,子猫は生まれてすぐ、母親から初乳を通して抗体という免疫物質を譲り受けます。初乳の中には大量の免疫物質が入っています。この母親から譲り受けた免疫(免疫抗体)が無くなると、子犬子猫は病気の危険にさらされます。また、移行抗体(母親から受け継いだ免疫)が無くなる前にワクチンを接種すると、ワクチンとしての免疫刺激効果が移行抗体によって阻害されます。移行抗体が無くなる時期は一匹一匹異なりますが、生後2〜3ヶ月頃といわれています。そのため、このころにワクチンを接種するのです。

第1回 Q&A (2017/10/29)

Q.子犬を購入するにあたって注意することを教えてください。

A.第一に、人懐こくて元気に遊びまわっていて自分が気が合いそうで長年暮らしていけそうなワンちゃんを購入するとよいでしょう。ペットは一度飼ったら最後まで責任もって飼うようにしましょう。 第二に、耳の中はきれいか。皮膚の状態はどうか。痒がってはいないか。下痢や吐き気はないか。咳、くしゃみはしていないか。目ヤニは出ていないか...など。健康状態をよく観察して、納得してから購入しましょう。

MENU

採用情報

営業日カレンダー

×